iPhoneの水没復旧はできるのか?

復旧するために真っ先にやりたいこと

前かがみになった際に、胸ポケットに入れていたiPhoneをトイレに落とす、などといったことはよくあります。そんな時はできるだけ早くiPhoneを救出しましょう。水に浸かっている時間が短ければ、それだけ復旧できる確率が高くなるのです。
ここでやってはいけないのが、表面の水滴を取り除きたいからと、激しく振ってしまうことです。なぜなら内部にある水がより奥へ入り込んでしまい、取り除くのが難しくなるからです。
タオルなどで水分を拭き取ったら、すぐにiPhoneをどこかに立てかけておきましょう。イヤフォンジャックやスピーカーの穴から、中に溜まっている水を排出するためです。十分に乾かすことができたら、動くのかどうかを確認すると良いです。

その後にやっておくこと

素早くiPhoneについた水気を取ることができたとしても、正常に動作しないケースも多いです。その場合、本体の方は諦めるしかありません。修理しても良いですが、たいていは新しいiPhoneを購入する方が安くすむからです。ただし、その状態でもまだ中のデータに関しては復旧できるかもしれないです。こまめにバックアップを取っておく必要はありますが、普段からWiFiに繋いでいるなら、自動で行われているので諦めてはいけません。
もしそうなら復旧するのは意外と簡単で、パソコンには水没したiPhoneのデータを取り出せるソフトがあるのです。それをインストールしたパソコンと繋げば、電話帳やアプリ、音楽データといったものを取り出すことが可能です。

精密機械ですから、iphone5sの修理は専門の業者に依頼しましょう。画面割れなど外的な損傷だけでなく、内部の不具合についても見てもらえます。