簡単にiPhoneのデータ取り出しができるやり方

画面が割れたiPhoneでも簡単にできるデータの取り出し方法

何かのはずみで大切なiPhoneの画面が割れてしまった、こんな経験はいつあるかわかりません。多くの人が画面が割れた時に心配するのが中に入っているデータの抜き出し方法です。これからご紹介する方法ならば簡単に、画面が割れていたとしてもデータの取り出しができます。 PhoneRescue for iOSを使うことで画面が壊れていたとしても中のデータを取り出しすることができます。パソコンと壊れたiPhoneをケーブルで接続しPhoneRescue for iOSをダウンロードすることで自動的にデータを取り出すことができるようになります。ただし、このソフトを使用するできる機種はiPhone5s以降です。さらにiPhoneとパソコンが接続できなければ取り出しはできませんので注意が必要です。

水没してしまったiPhoneのデータを取り出す方法

大切なiPhoneが水没してしまった時に心配になるのが画像や音楽のデータです。完全に水没してしまった場合は動作を確認して、動作するようならば、まずは電源を切り、SIMカートを抜くこと、端子の水分を吸い取り、本体を乾燥させることが必要です。そのあとは修理に出すことが必要です。 修理では本体にあるデータについて保証していません。そのために日ごろからバックアップをしておくことで水没や本体の破損が起きても代替機を用意することで簡単にデータを入れ替えることができます。iTuneでもパソコンに接続することで自動的にバックアップをしてくれますし。もしもの保険のためにアプリでバックアップをすることができますのでおススメです。

iphone6sのバッテリー 交換は、当日にできる場合も珍しくありません。予約をしておけば、長時間にわたって待たされることもないでしょう。